FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

国立西洋美術館1

2016-05-21





嬉しいニュースが飛び込んできましたね

東京・上野にある国立西洋美術館が世界遺産に登録される見通しとなったと

※ここで掲載された写真は4年前に撮った古いものを探してきました

2016051903.jpg

東京に来た頃は
よく上野へ出かけていきました
国立西洋美術館は3回ほど入館したことがありますが
大体は入り口の庭にある像を楽しんで帰ることが多いです
入館すると入場料がいるけど
ここだったら無料ですし

無料なのに
素晴らしい作品ばかりです

みなさんもご存知のロダン

「考える人」像

2016051904.jpg

このあと「地獄の門」を紹介しますが
そこにもロダンの考える人がでてきます

知らなかったんですが
「地獄の門」にいる人物をもとに
独立させた作品なんだそうです

本来は
見ている人という設定だったようですが
考える人の姿になってますね

「地獄の門」

2016051906.jpg

銘文「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」
地獄に堕ちた人々を審判官が見ている情景を作品にしたもので

日本には国立西洋美術館と静岡県立美術館にあるそうです

国立西洋美術館にあるものは
今までずーっとレプリカだと思っていたんですが
本物のようですね

これも驚きなんですが
ロダンが生きている間に
「地獄の門」は一つも鋳造されなかったとか…
ロダンも亡くなってからの方が評価が高くなった芸術家の1人なんですね

死後に鋳造されたものなんですが
石膏原型は国立ロダン美術館で保管されており
フランス政府が鋳造できる数を決めているそうです
なので
国立西洋美術館にあるものも
レプリカではなく本物として認められているようです
ちなみに今現在は世界に7つあるそうです

2016051908.jpg

上の写真の赤丸で囲った部分が
「考える人」の元になった人物です

ダンテの「神曲」の「地獄編」に描かれる
地獄に落ちた人々を審判官が見ている場面があるのですが
その審判官の姿を表現したものです

いつの日か
見ている人が考える人へと解釈が変わってしまったんですね

「アダム像とエヴァ像」

2016051909.jpg

アダム像エバ像は
「地獄の門」の両脇に設置されていました
※上の写真の赤丸で囲った部分です
ロダン自身も「地獄の門」の両脇に建てるつもりだったそうですよ

2016051905.jpg

アダム像ですね
旧約聖書に出てくる人類最初の人物です
罪を犯してエバとともに楽園を追われてしまいましたね

私自身
キリスト教ではないですが
「考える人」の像よりも色々と考えさせてくれる像であります

「カレーの市民」群像

2016051901.jpg

こちらの作品はタイトルだけだと
よく分からないですが
作品の意味を知ってからは
じっくりと鑑賞するようになりました

時は1347年
フランスとイギリスの間で起きた百年戦争が舞台
フランス北部のカレー市はイギリス軍に包囲され
イギリスのエドワード3世は
市民の代表が
裸に近い格好で首に縄を巻き、城門の鍵を持って降伏する事を条件に
攻撃をやめることを宣言し
6人の名士が自らが犠牲(人質)となりカレー市民を救ったという歴史が元になっています

実話なんですね
結果的には6人は
処刑の寸前にエドワード王妃によって命拾いしたようです

その1人の英雄像をカレー市が依頼したそうなんですが
ロダンは歴史を調べて
6人の名士の像を作製しました

出来上がった作品は
死を目の前にした6人の名士の絶望や怖れや苦悩が
リアルに表現されすぎており
英雄のイメージとは違いすぎて
カレー市は最初は受け取りを拒否したそうです
今はカレー市に設置されています

勇気ある6人の名士ですよね
愛国心と犠牲的精神がとても伝わってきます

上野公園には西郷隆盛の堂々とした英雄像があるのですが
ロダンの作品のような
英雄達のこういう像の方が
感じるものがたくさんあります

最後は
「弓を引くヘラクレス」像

2016051902.jpg

今まで紹介した作品は全てロダンでしたが
この作品はロダンの弟子であったプールデルですね

力強く
とても印象に残ってます





スポンサーサイト
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

そうそう、国立西洋美術館は第2第4の土曜日は常設展が無料なんですよね(^◇^)

わたしも2回ほど、それを利用して見ました。
他の美術館で有料の企画展を見て、その帰りにちょっと寄って(*^_^*)
でも、さすがに国立の美術館だけあって収集した美術品の数がすごいので、ちゃんと入れ替えもしてあるんですよね。
以前の企画展の時に見て、もう一度見たかった作品なども見ることが出来て、素晴らしく充実した気持ちになれる常設展。
勿論、建物も表のロダンも大好きです。
今回の決定は嬉しいです♪

No title

こんにちは、上野には花見に行くので 上野恩賜公園.にはいっていますが国立西洋美術館はいっていませんね。入館しなければ行ってみようと思っております。ただしバスツアーでの花見には国立西洋美術館にはいけないので個人で行くしかありません。
これでまた世界遺産が増えましたね!
国立西洋美術館はル・コルビュジエの設計したものだそうです。

Re: No title

鍵コメさんへ

ありがとうございます

親って最後の最後まで
子どもの事を案ずるものなんですね

Re: こんにちは

カミさんへ

常設展が無料になる日ありますね
上野は平日に出かけていくことが多かったので
大体、庭にあるロダンの作品を鑑賞して帰ります

国立美術館が
所蔵している美術品は多いですね
無料の時にゆっくりと鑑賞しなきゃ
もったいないですね


Re: No title

purotokoさんへ

上野恩賜公園は広いですね
私も最初の頃はよく迷ってました(笑)
世界遺産になったら
バスツアーにも組み込まれるかもしれませんね

世界遺産登録をきっかけに初めて
ル・コルビュジエの設計だと知りました
恥ずかしいです…


No title

私も新聞で世界遺産に記事を読みました。
↑の記事で 3回もチャレンジしたとは知らず
すごく勉強になりました。

世界で7つしかないのに 日本に2つもあるってすごいなあ~
なんて へんな所にも驚いてしまったり
いいのか 悪いのか 彫刻って なかなか好きになれないと言うか・・
理解するのにパワーがいるなあ~って思うので
自分に相当余裕がないと みたいと思えないのですが
honey*caramelさんはどう思う?

Re: No title

nanami☆さんへ

「世界遺産へ」とずーっと言われていたのに
その理由がやっと分かりました
東京に住んでいながら
ここまでニュースにならないと全く調べようともしない
無関心な自分が恥ずかしいです…

どんなに有名な作品でも好きになれない作品はあるし
その作品に関して知識がなければ
知らずに通り過ぎていくことはよくあります

私は世界史が大好きなんです♪
だからかな
彫刻がうんぬんと言うよりは
外国の歴史的背景が舞台になっている像だから
興味があるんだと思います

プロフィール

honey*caramel

Author:honey*caramel
東京在住
日々感じたことを
気ままに綴ってます

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PV計測
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。